サーバ構築備忘録

HTC evo Wimaxを借りてみた

LINEで送る
Pocket

昨日、(吉田のうどんを食べられず失意の中)Auショップにスマートフォンを見に行った。

お財布ケータイ機能がついたものがあれば、少なくともファミレスくらいは利用できるともくろんでのことだ。

するとHTC evo Wimaxが貸し出してもらえるというじゃないですか?

これは試してみない手はないというわけで早速借りてみました。

我が家のPCたちはすべてIPアドレス固定。(DHCPなんざセキュリティの敵ダァ━━━ヽ(゚益゚*)ノ━━━!!

また無線LANの親機はもちろんステルスSSID。

この環境でevoが家のWi-Fiにつながるか試したところ、まるっきり駄目。

まずステルスSSIDだがそもそもこれを「Wi-Fiネットワークを追加」に設定しても「圏外、設定は保存されています」と表示され全くつながる様子がない。

ググってみたところどうやらevoはステルスSSIDに対応していないらしい。ただし、裏技的な気がするがいったん親機でステルスを解除してevoに認識させ、その後もう一度ステルスに設定すれば使えるらしい。いずれにせよ普段利用するのにこれはちょっと面倒(´;д;`)ヤダ

またIPアドレスに関しても手動で設定ができない=DHCPを利用しなければならない。これもちょっと(´;д;`)ヤダ

他のスマートフォンはここら辺はどうなんだろう。場合によっては自宅のネットワークの構成を考え直さなければならない。ダァ━━━ヽ(゚益゚*)ノ━━━!!

一方evoの売りであるWi-Fiルータ機能を試したところ、こちらは大変簡単。

Wi-Fiテザリング設定でSSIDと暗号化の種類、パスワードを確認した上でWi-Fiテザリングをオンにする。

そこでPC側で無線ネットワークを検索すれば上記のSSIDが表示されるのでパスワードを入力すればつながる。(Windows7で確認)

追試:Acer 3820T-F52cにインストールしたubuntu11.04でも試したみました。

evoのWi-FiテザリングでセキュリティをAESに切り替えると、ubuntuのツールバーにある無線設定のアイコンをクリックすることでHTC networkが表示され接続できることが確認できました。

速度も(お試しなのであまり大量のデータをやり取りできないのでWebを見る程度だが、)十分早そうだ。

evoはAndroid2.3にバージョンアップされることが決まったらしいので購入候補としては十分ありだと思う。

ただし、肝心のお財布ケータイ機能がないんだよなぁ。どうしたものかなぁ。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-サーバ構築備忘録