サーバ構築備忘録

Auひかりで2つのIPアドレス

LINEで送る
Pocket

今まで気づかなかったのですが

うちではAuひかりで2つの固定電話番号を使うため、ホームゲートウェイも2つあります。

今まで気づかなかったのですが、ふと考えてみたらそれぞれのホームゲートウェイの下に異なるプライベートアドレス空間を作れるんですよね。

なぜそれに気が付いたといえば、ノートパソコンを運んでいるうちに間違えて普段使っているホームゲートウェイと違うほうのそれにつないでしまったからです。
すると、(当然ですが)宅内LANのほかのPCに繋がらなくなってしまったのです。

つまり、ホームゲートウェイはそれぞれに繋がっているプライベートアドレスへのルーティング情報を持っていない。よって異なるIPアドレスを持っているんじゃないかな?ということです。

そこでさっそくAuのサポートに問い合わせてみると

「グローバルIPアドレスにつきましては、接続ごとに払い出しているため、 弊社レンタル品であるホームゲートウェイを2台ご利用いただく場合は、 別々のグローバルIPアドレスが割振る仕様になっております。」との返答がありました。

 

AuひかりはグローバルIPを1つしかもらえない?

今までそう思い込んでいたのですが、Auひかりの回線に1つではなく、ホームゲートウェイに1つグローバルアドレスがもらえるんですね。

つまり、固定電話番号を1つ追加すればIPアドレスも1つ追加できるということです。

1つ電話番号を追加するには月額500円かかりますが、うちで検討中のCATVの追加アドレス月額1000円に比べれば半額です。

光回線は1つなので帯域はお互いに共用することになりますが1Gbpsの半分と考えれば十分な速さがあります。(同時に帯域ギリギリまで使うことはまずないでしょう。)

なぜ今まで気づかなかったんだろう?
フレッツ光の時はホームゲートウェイ1台に(アナログ)電話回線が2つつなげられるようになっていたので、「IPアドレスは光回線1つにつきに1つ」という思い込みがあったようです。

一般的な使い方では1つのホームゲートウェイに全ての宅内PCをつなげるのが便利なのかもしれません。

しかし、自宅サーバを立てるにはグローバルIPはあればあるほど便利です。(言い過ぎかも(°°;)

 

早速自宅サーバを準備

来週の金曜日にCATVの工事が入り回線が増えるので、それに合わせてサーバを用意する予定でした。

しかし、グローバルIPが1つ余っている現状ならば今すぐにサーバを立てても問題なさそうです。

さぁ、楽しくなってきました。

断捨離とサーバ構築。どちらから先に手を付けようかな?

まずはドメイン名を1つ確保しようかな。

 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-サーバ構築備忘録
-,