サーバ構築備忘録

MySQLのインストール(Raspbian編)

LINEで送る
Pocket

Ubuntu Mateとの違い

Ubuntu MateではMySQLの設定ファイルが/etc/mysqlの下に散在していました。
(そういう設計思想らしいです。)

しかしRaspbianでは/etc/mysql/my.cnf で必要な設定がほぼできてしまいます。

実際にインストールから設定までしてみると、Raspbianの方が圧倒的に簡単です。

今になって思うとなぜUbuntu Mateから始めたんだろうorz と人柱覚悟でありながらも悔やんでしまいます。

 

MySQLのインストールと設定

インストールは

>sudo apt-get -y install mysql-server

で完了です。
途中でrootのパスワードを求められます。
これはOSのrootではなくMySQLの管理者としてのrootのパスワードなので、OSのrootのパスワードとは別にしておくことをお勧めします。

設定を変更するためにいったんmysqlを止めておく。
>sudo systemctl stop mysql

データが保存されるディレクトリを/var/lib/mysqlから/data/mysqlに変更するために
/etc/mysql/my.cnf
の40行目を datadir = /var/lib/mysql から /data/mysql に変更する。

>cp -pR /var/lib/mysql /data/
を実行して作成済みのデータファイルをコピーしておく。
>mv /var/lib/mysql /var/lib/mysql.org
としてオリジナルを取っておく。(データディレクトリが移動できたのが確認できたら削除する。)

/etc/apparmor.d/usr.sbin.mysqld
の32行目と33行目を
/data/mysql r,
/data/mysql/** rwk,
に変更

あとは文字コードの設定です。
/etc/mysql/my.cnf
の44行目に
character-set-server = utf8
を追加する。
同じく120行目に
default-character-set = utf8
を追加する

そこで

>sudo systemctl start mysql

でMySQLを起動します。

>sudo mysql_secure_installation
を実行します。
対話形式でMySQLの設定を行います。(入力するのは太字のところだけです。)

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!
In order to log into MySQL to secure it, we'll need the current
password for the root user. If you've just installed MySQL, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):インストール時に入力したrootのパスワード
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MySQL
root user without the proper authorisation.

You already have a root password set, so you can safely answer 'n'.

Change the root password? [Y/n] n
... skipping.

By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them. This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother. You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y
... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'. This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] y
... Success!

By default, MySQL comes with a database named 'test' that anyone can
access. This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y
- Dropping test database...
ERROR 1008 (HY000) at line 1: Can't drop database 'test'; database doesn't exist
... Failed! Not critical, keep moving...
- Removing privileges on test database...
... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y
... Success!

Cleaning up...

All done! If you've completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!

途中でtestデータベースの削除に失敗していますが、そもそも作ってないので気にしません。

MySQLのインストールと設定はとりあえず以上です。
足りないものがあったらまた考えます。

 

 

phpMyAdminのインストールと設定

インストールは

>sudo apt-get install phpmyadmin
途中でWebサーバを聞かれるのでapache2を選択してEnter。
phpMyAdmin用のデータベースを自動で作るか聞かれるのでYes。
MySQLのrootのパスワードを入力。
phpMyAdmin用のパスワードを新規に作って入力(2回)

で完了です。

設定はインストール時に自動で行ってくれるので特にありません。

ブラウザで「サーバ名/phpmyadmin」を開いて表示されればOKです。

LAMP環境に必要なapacheとMySQLとPHPの依存関係も含めて一気に設定してくれるので、これを使いました。
ただし、セキュリティホールとなりかねないので、本当はPHPを単独でインストール・設定した方が良いのかもしれません。

/etc/apache2/conf-available/phpmyadmin.conf

Alias /phpmyadmin /usr/share/phpmyadmin
となっているので、心配であればこの行をコメントアウトしておけばいいのかと思います。

 

以上でraspbianにおけるLAMP環境の構築は完了です。(かなり手抜きですが...)

あとはWordpressのインストールです。

 

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-サーバ構築備忘録
-,