何気ない日常

動画は1日30分

LINEで送る
Pocket

次女の眼科健診

次女が小学校の眼科健診で結膜炎で引っかかったため、今日の午前中眼科へ連れて行きました。

入学前健診でも同じく結膜炎と言われたため、今年の2月頃にも眼科に連れて行った記憶があります。

うちは私、妻、長女ともスギの花粉症持ちです。

とはいっても私と長女は鼻水が出るくらいでさほどひどくはないため、アレジオンを春先から飲んでいれば症状は抑えられます。

一方妻はというと、アレルギーの血液検査では反応が出ないものの、なぜか一年中アレルギー性結膜炎と言われ目薬が手放せません。

どうやら次女は妻に似たらしく、通年のアレルギーがあるように思われます。

案の定今日眼科で診てもらうと、「アレルギー性結膜炎ですね。今の時期なので稲の花粉だと思いますよ。」との診断でした。

2月頃に診てもらったときには「少し早いけれどももうそろそろスギの花粉が飛び始めているので杉のアレルギーですね。」と言われました。

まだ次女はアレルギーの血液検査は受けたことが無いので、結膜炎が長引くようだったら一度調べてもらおうと考えています。

 

まだ小学1年生なのに

私は今でこそ視力が弱く左右とも0.05くらいでコンタクトが手放せません。

しかし、高校1年までは左右ともに1.5で近視とは無縁でした。

妻は今でも目が良く、メガネ要らずです。

長女もそんな両親に似てか、高1の今でも目はとても良いです。

ところが次女を今日眼科に連れて行き、視力検査を受けたところ、左右とも0.7で近視性乱視と診断されました。

さらにほんのわずかですが斜視もあるとのことです。

アレルギー性結膜炎はある程度予想していたことなので驚きはしませんでしたが、視力と斜視についてはビックリです。

あわてて先生に「普段の生活で気を付けることはありませんか?」と相談すると
「斜視については普段の生活では気が付かないほどわずかなモノなのでそんなに気を付けることはないと思いますよ。
ただし、眼のために遠くを見たり近くを見たりして目の運動をするようにした方がいいですね。」と言われました。

とりあえず、アレルギーの目薬と近視に効果があるかもしれないというミドリンMという目薬を頂いてきました。
DSC_0992

ミドリンMというのは瞳孔を開き目の筋肉をほぐす働きがあるそうです。

これで少しでも目が良くなってくれればいいのですが。

 

日常生活で

次女の日頃の行動を考えてみると、少しでも時間があると「パソコン使いたい」と言ってYouTubeを見ています。

極力見る時間を決めてそれ以上は見せないように気を付けているのですが、まれに次女を家に置いて買い物に行ってくるとその間ずっとYouTubeを見続けています。

ひどいときは1日に(数回に分けてですが)2,3時間見ていることもあります。

最近では何かにつけて「暇だよー。パソコン使いたいー。」というので「それってもう依存症だよ。時間が少しでもあればパソコンをいじりたいっていう病気だよ。」と諭してパソコンを見せないようにしています。

そこへきて今日の近視性乱視と斜視です。

パソコンを見ている間は目の運動など全くしないので、どう考えてもパソコンの見過ぎとしか思えません。

そこで妻と相談して、もしパソコンを使わせるにしても一日30分までにすると決めました。

本当は全面的に禁止してしまいたいのですが、両親と長女がパソコンを使っているのに次女だけ使わせないというのもかわいそうなのでそこら辺をとりあえずの妥協点とします。

 

私が子供のころ

私が小学生のころにはファミコンが普及し始め、うちでもよそよりも遅ればせながら中学生のころに買ってもらった覚えがあります。

しかし、そもそもテレビそのものが家に一台しかなかったため、一日に長くても30分くらいしか遊べませんでした。

どちらかというと、ファミコンで遊ぶよりも図書館で借りてきた本を読んで過ごす時間の方が長かったです。

そんな子供時代を過ごしてきたために高校生時代にも受験勉強の傍らで睡眠時間を削って本を読んでいました。

今となってはそんなことをしていたために目が悪くなったのだと後悔していますが。

一方次女はというとひたすらYouTubeを見てばかりいます。

YouTubeそのものが悪いとは言いませんが、私自身はどうも好きになれません。

というのも同じゲームの画面を見るにしても、自分でゲームをするといった能動的な行動であれば自分の手先を動かすという脳への刺激があります。

一方YouTubeでゲームの画面を見るのは受動的機で目で見るだけという一方的な刺激しかありません。

どうせゲームの画面を見るのであれば自分でゲームをした方が余程ましです。

次女が好んでみているヒカキンがマインクラフトをしている画面を見るくらいならば、せっかくうちにPS4がありマインクラフトも買ってあげたのですから自らゲームをしてもらいたいものです。

その方が指先も使うし、自分で考えてゲームを進めるという意味で頭も使います。

しかもPS4はテレビの大画面でプレイできるので目にも優しいはずです。

(私が子供のころは「テレビを近くで見ると目が悪くなるから遠くで見なさい」と怒られたものです。)

また変なナレーションも入らないので、言葉使いも少しはきれいになるはずです。

(これに関しては学校での影響もあるはずなので一概には言えませんが。)

 

いつの世代も

私たちよりも上の世代は「テレビばかり見て」とか、「漫画ばかり読んで」と言って怒られたそうです。

私たちの世代は「ゲームばかりして」と怒られたものです。

長女のころはニンテンドーDSで遊んでばかりという子が多かったものです。
(うちの長女はあまりゲームをしませんでしたが)

そして今の子供たちは「パソコンやスマホばかりいじって」と言う世代なのでしょう。

結局いつの世代も遊び方が違うだけで何かどうか親に小言を言われるのでしょうが、それにしても小学1年で目が悪くなるというのは結構ショックです。

遺伝ならばあきらめもつきますが、家族は(少なくとも子供のころは)目が良かったのでどうにも残念です。

親の監督不行き届きと言われればその通りなのですが、そもそもYouTubeなどなければこんなことにはならなかったと思うとお門違いとは分かっていますが思わずYouTube憎しと思ってしまいます。

ヒカキンが悪いわけではないのですが、ヒカキンの奴と八つ当たりしたくなります。

一番悪いのはそこまで放置した自分なので自分に対しての怒りが一番大きいのですが...

とりあえず、視力が回復することを祈って毎晩寝る前のミドリンMを点眼するのを忘れないようにします。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常
-