何気ない日常

今時の高校生

LINEで送る
Pocket

四半世紀も前かぁ

私が高校生だった頃を思い出そうと思ったらいつの間にか四半世紀経っていることに愕然としています。

長女が高1になるのですから少しも不思議なことではないのですが、改めて考えてみると「あぁ年を取ったんだな」と思い知ります。

そんな昔のことですが、今時の高校生も受験勉強に追われることは今も昔も変わりません。

英単語も最低で3000語、国公立を目指すならば4000語、難関大学を目指すならば5000語といった基準もさほど変わっていないようです。

ただし、まだ高1のせいかイディオムの勉強はまだしていないようです。

数学も私の頃は数一のあと基礎解析、線形代数、微分積分、確率統計と学習していったのですが、最近は呼び名が違うようです。

また社会や理科も私のころとは内容が随分と違っています。

生物なんて私の時代は最先端だったDNAの2重らせん構造とか今では常識。
ヒトゲノムの解析なんて夢の話だったのがプロジェクトは完了し、さらにかなり細かいところまで遺伝子解析ができているのですから驚きです。

私は理系の人間なので社会はあまり詳しくないのですが、私たちが必死で覚えた年号とか今ではあまり重要視されていないらしいですね。

そう考えると娘たちの勉強をあまり手助けしてあげられないのが少し歯痒いです。

 

夏休みの宿題

次女はまだ小1なので夏休みの宿題もさほどたくさんはありません。

そうは言っても、ドリルや絵日記といった定番のほか、習字の宿題もあるのである程度親の手助けが必要です。

もうすぐ夏休みも終わりなので忘れ物がないように見直してあげないと...

それよりも大変なのが長女の宿題です。

妻が聞いてきたママ友情報によると、うちの長女が通っている高校だけでなく、他の高校でもとてもやりきれないほどたくさんの宿題が出るそうです。

長女は基本の5教科の他に家庭科の自由研究のレポートがあります。

どうやらテーマを決めて料理を作ってレポートにまとめ、さらにパワーポイントでプレゼンできるまで準備しておく必要があるみたいです。

普段お菓子以外を料理する機会のない長女にとっては結構ハードルの高い宿題です。

 

テーマは減塩

長女の料理のテーマは減塩です。

正確にはナトリウムの摂取量を極力減らすということらしいです。

先日は昆布と鰹節からだしを取り、減塩のみそとカリウムを多く含む野菜を使って味噌汁を作ってくれました。

私は普段ほんだしを使ってしまうので、昆布と鰹節からだしを取るというのは初めてです。

出来上がった味噌汁は塩味は少し物足りないもののだしのうまみで十分おいしくいただけました。

 

また手作り餃子も作ってくれました。

こちらは皮に含まれる塩分を抑えたいということで皮から手作りです。

うちでは餃子を作ることはよくあるのですが、皮から作ったのはやはり初めてです。

食べるときにも塩分を抑えるために酢コショウで食べるように指示されました。

具材の味がしっかりわかってこれもおいしくいただきました。

 

さらに今日は減塩のカレーを作ってくれました。

DSC_0993

いろいろなスパイスを使って塩分を極力抑えたそうで、塩分の量は一人前で1g未満らしいです。

味もベースとなった塩分控えめのコンソメとホールトマト缶のうまみでなかなかいけます。

次女も食べられるように辛さが控えめだったのが私にはちょっとだけもの足りませんでしたが、チリパウダーを足せば問題ありません。

何よりも普段お菓子しか作ることのない長女が自分一人で料理したというのが一番の調味料です。

本人はもう少し改善の余地があるように考えているようですが、WHOの推奨塩分摂取量などを守りながら作ったのでこのくらいが限界でしょう。

 

これから各料理のレポートをまとめる作業が残っているので大変です。

料理を頂いた感想ならば話してあげられますが、レポートそのものは自分でやらないとならないので頑張ってもらいます。

あと何年かしたら次女の自由研究が始まります。

長女の時は自分で考えてやってくれたのですが、次女はどうもそういったことが苦手そうです。

親の宿題になりそうで今から憂鬱です(^^;)

 

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常
-