断捨離の日々

原作:アズマカナコ 漫画:もりたしずく 「節電母さん」 を読んで

LINEで送る
Pocket

電気料金500円台の生活

最近電気事業者を変更してから電気料金を気にするようになりました。

うちでは今のところ月1万円を切れないのですが、母の住んでいる離れの方は2千円台に収まっています。

たしかに母は目が悪い(過去に大けがをした後遺症です)ので日中はテレビも付けませんし、エアコンは嫌いなのでこの暑い中も使っていません。

今日も甲府は34度を超えたのに扇風機だけでしのいでいます。
それに付き合う私の方が夏バテしてます(T.T)

どこでそんなに差が出るのかなぁと考えていたところ、妻が本著を図書館で借りてきてくれました。

原作のアズマカナコさんのブログはこちらです。

コミックエッセイなので内容を詳しく書くことは省きますが、如何に自然と共に生き電気を使わずに生活していくかのノウハウが詰まった本です。

原作のアズマカナコさんが送っている電気料金500円台の生活って、確かにすごいです。

だって基本料金だけでほぼ半分ですよ。

洗濯機、掃除機、果ては冷蔵庫までない生活です。

日中は照明を付けず、日が沈んだら子供たちは寝る。
夜はソーラー充電のランタンを使って、テレビは見るときだけコンセントをさす。

エアコンはもちろん、扇風機、ヒーターもなし。

電子レンジや炊飯器も当然ありません。

 

私にこれを読ませて何をしろと

 

待機電力カットは真似できるかも

そもそもうちはIHクッキングヒーターだから土鍋でご飯は無理だし、お弁当のおかずに冷凍食品を使うこともあるから冷蔵庫と電子レンジは必須。

最近は日中は母の家にいることが多いので電気をあまり使わないけど、それでも夕飯の時には照明を点けてテレビも見ます。

しかも私の趣味で自宅サーバを立てているから24時間電源入りっぱなし。(極力省電力仕様にはしてますけれど...)

無線LANを使うからルーターの電源も常に入っているし、固定電話も留守電を使うために電源はさしたまま。

こうやって羅列していくと確かにこれは電気を使うはずです。

しかし母の家と8000円も差が出るかなぁ。

基本的な家電は母の家も家もすべて同じようにそろえているし、生活のレベルもそんなに違わないはず。

姉がいるときはエアコンも使っていますし、テレビも見ています。

あえて言えばパソコン関連を使うか使わないかの差くらいです。

 

本著を読むと待機電力がばかにならないと書いてあります。

家の中の使わない家電を全てコンセントから抜いておけば年間数千円の差が出るらしいです。

これくらいならばうちでも真似できそうな気がします。

実際、冬場はエアコンを使わないのでコンセントから抜いていますし、パソコンやスマホのACアダプタも使わないときはスイッチ付きタップで電源を切っています。

他には電源を抜いておけるものはあるかな?

あとは生活家電なので基本的に電源はさしっぱなしです。

ためしにタップを使って電源を切ってみようかな。

 

電気料金の断捨離のために

父が亡くなって、うちの家族が住んでいた離れと母たちが住んでいた母屋を交換して9年になります。

うちが離れに住んでいた頃はブレーカーの横にあるサーキットがどのコンセントに対応しているかを調べて、不要なときにはサーキットをパチパチと落していました。

そのおかげかその頃は30Aのブレーカーで事が足りていました。
(今は両方とも50Aで契約しています。)

今見てみたらうちにはサーキットが11個ありました。

エアコンがそれぞれ1つのサーキットを使っていると考えると、多分各部屋に1つのサーキットを使っていると思われます。

となると離れみたいに使っていないサーキットを切っておくという方法は使えません。

今うちで契約しているLooopでんきは基本料金なしの従量制なので使用量が少なければ少ないだけ電気料金を抑えられます。

どうしたら電気料金を断捨離できるかなぁ。

Webサーバをレンタルサーバにして、データはクラウドに移すことも考えているのですが、電気料とレンタル料+クラウド使用料のどちらが安いか微妙なところです。

掃除機の代わりにほうきというのもありかもしれませんが、たかが知れているような気がします。

細かいことの積み重ねが本著のような結果につながるんでしょうが、なかなか思い切れません。

せっかくワットチェッカーを持っているので一度家電の使用電力を調べてみます。
ワットチェッカーの写真

 

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-断捨離の日々
-,