何気ない日常 断捨離の日々

断捨離出来ない我が家の事情

LINEで送る
Pocket

差別は出来ない

写真の前撮り

次女は今年7歳になり、今年が七五三のお祝いの年です。

本来であれば11月15日に神社にお参りし、その際一緒に記念撮影をするはずでした。

しかし、妻が調べたところ、スタジオアリスでは七五三の写真を前撮りし、七五三当日は安価に着物をレンタルできることが分かりました。

節約家族の我が家としては、当然のことながらこれを利用しない手はないと6月ごろに前撮りをし、七五三当日に着物を借りられるように手配しました。

次女の七五三

今日は午前10時からスタジオアリスで着物をレンタルすることになっていたので、その時間に間に合うようにそこへ向かいました。

本来ならば七五三のお祝いは11月15日頃に行うはずです。

ですが、10月の間に着物をレンタルすれば税抜き4000円で利用できます。

これが本来の七五三の直前、今年ならば11月13日あたりに借りると17000円もかかってしまいます。

別に誕生日のお祝いではあるまいし、多少早く行っても支障ないだろうと考えました。

 

するとやはり同じ考えの人が多数いるらしく、スタジオアリスの駐車場は満車で、中は人いきれでむせ返るほどです。

スタッフの方たちも通常よりもはるかに多い人数で対応していましたが、とても間に合わないようでした。

しかし、40分ほど待っていると着付けを終え、次女が出てきました。

 

その後近所の神社に行き、ご祈祷していただきました。

dsc_1163_01

長女の七五三の時には11月15日の直前に神社に伺ったため、20人近い子供たちをまとめてご祈祷していました。

しかし、今日の時点ではまだ七五三のお祝いをする家庭がほとんどいないためか、次女一人のためにご祈祷していただくことが出来ました。

しかも、神主様がせっかくのお祝いだからと家族写真までとってくださいました。

断捨離出来ない数少ないモノ

我が家では、日常生活で使うものも含め、相当なモノを断捨離してきました。

その中には、私たち夫婦が新婚旅行で買ってきたお土産や写真なども含まれます。

 

しかし、それらの中でどうしても断捨離出来ないモノがあります。

それが、長女のお宮参りから高校入学までイベントごとにスタジオアリスで撮ってきたアルバムです。

私が、娘たちに甘いこともあり、様々なモノを断捨離していく中でこれだけはどうしても断捨離出来ないのです。

差別は出来ない

長女について、お宮参りから今に至るまで様々な写真を撮ってきたので、次女についても同様、いやそれ以上に写真をたくさん残しています。

当然スタジオアリスで撮ってもらった写真もたくさんあります。

今年の七五三の写真もそのアルバムに追加してもらいました。

 

長女が小学生の頃には、父も健在で、母もまだ認知症の症状はありませんでした。

そのため、私も外で働いており、妻もパートタイムで働いていたため、そこそこ家計にゆとりがありました。

しかし、次女が生まれるころには、父は他界し母は認知症の症状が出始めました。

しばらくすると、私が在宅勤務をしなければならないようになり、家計がかなり逼迫してきました。

 

長女が小学生の頃には、ピアノ、新体操、スイミング、英会話など、本人がやりたいといったものはすべて習わせてあげることが出来ました。

ところが次女が生まれて保育園に通う頃には家計が厳しくなり、思うように習い事をさせてあげることができません。

唯一、ピアノだけは習わせていたのですが、小学校に入るころには本人が嫌がってやめてしまいました。

いまのところ、次女自身が習い事をしたいと言ってこないので、様子を見ています。

 

写真にしても、習い事にしても娘たちのどちらかをひいきすることはできません。

習い事は本人のやる気次第ですが、写真を撮るくらいは親として姉妹の間で差別するようなことだけはするまいと考えています。

 

断捨離出来ない

我が家では思い出の品を始め、人間関係に至るまで断捨離しつつあります。

しかし、妻の母方の伯母たちは娘たちのことを気にかけてくださり、ことあるたびにお祝いしてくださります。

そんな叔母たちのことを断捨離するとばかりにお付き合いを断ることはさすがの家でも不可能です。
(年賀状のやり取りはやめましたが...)

 

断捨離を進めている我が家にとって、どうしても断捨離出来ないのが上記の娘たちのアルバムと叔母や、義父母との人間関係です。

今日七五三のお祝いで、伯母たちの家を訪れ次女の晴れの姿を見ていただきそのことを実感しました。
(伯母の中の一人は関係を断捨離してもいいかなとは感じましたが、そのことは夫婦の間の秘密です。)

果たして、どこまで断捨離することが出来るのやら。

モノを減らして、より一層掃除や片づけがしやすい家にしたいです。

人間関係を減らして、面倒なお付き合いもしたくありません。

 

何でもかんでも捨てることがいいとは思いませんが、できるかぎりモノも人付き合いも断捨離したいと思う一日でした。

 

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常, 断捨離の日々
-