ウェイトトレーニングの日々 何気ない日常

プロテインダイエットの根拠を発見!!

LINEで送る
Pocket

偶然見たテレビ番組で

まずは結論ですが、

プロテインダイエットは辛くありません。


我が家では珍しいこと

普段我が家ではテレビを見ることがあまりありません。

基本ニュース番組を見るくらいで、あとは番組表をテレビで確認して次女が見たいという番組を家族で見るくらいです。

次女は小1なのですが、少し変わったところがあってバラエティ番組よりも雑学系の番組を好んで見る傾向にあります。
(最近バラエティ番組が少なくて、しかもそれらがあまり面白くないためでもあるのですが。)

なぜこの番組に興味を持つ?といった風変わりな選択をすることもしばしばです。

そんな次女が昨夜見たいといったのが「その原因、Xにあり」という番組です。

番組の内容

初めて見た番組なので普段どのような話題を扱っているのかわからないのですが昨夜の内容は次のようなモノです。
  • 鍋にまいたけを入れると太りにくくなる
  • 痩せようと思って食事を減らそうとしても続かないのは脳の満腹中枢を刺激する満腹ホルモンが減少するためである
  • 冬の乾燥肌の原因は皮膚温度が低くなることが原因である
といった感じです。

で、それぞれの説明と対策方法を書こうと思ったのですが、番組公式のホームページに詳しく出ていました。

私の気になった内容

上のような内容を放送していたのですが、私にとって特に気になるのは満腹ホルモンについてです。

簡単にまとめると
  • 人がお腹いっぱい(満腹)になったことを感じるのは、脳の満腹中枢にレプチンというホルモンが届くからである
  • ストレスやダイエットを行っていると満腹ホルモンが常に減少している状態であるため、普通であれば満腹になる量を食べても満腹ホルモンが十分に分泌されない
  • 満腹ホルモンを増やすためには8時間以上の睡眠と動物性たんぱく質をたくさん摂ることが効果的である
  • 動物性たんぱく質をとるためには高たんぱく低カロリーのノンオイルツナ缶を一日2缶食べるとよい
といった感じです。

実際に5人が8時間以上の睡眠と一日2缶のツナ缶を食べるという生活を3週間してみて満腹ホルモンの量を測定しました。
(ツナ缶以外の食事は今まで通りで一切我慢しない)

すると3人は満腹ホルモンの量が増えたが、2人は減ったという結果になりました。

ですが被験者全員が少ない食事量で満腹感を得られていると言っていました。

私が考えるに多分に思い込みの要素があると思うのですが。

それでも実際に4人は体重が減っているのでまずまずの結果と言えるでしょう。

 

私の実践しているプロテインダイエットと比較して

私の食事内容

私が今実践しているプロテインダイエットの食事内容は次のようになっています。
  • 朝食 : プロテインドリンク3杯
  • 間食(10時頃) : プロテインドリンク1杯
  • 昼食 : 白米を茶碗に3分の1と昨晩の残りのおかず プロテインドリンク1杯
  • 間食(3時ころ) : きな粉と黒ゴマ、オリゴ糖入りプレーンヨーグルト約200g
  • 夕食 : 白米を茶碗に3分の1と肉または魚と野菜(根菜類は極力少なめ)のおかず きのことワカメ入りの味噌汁 プロテインドリンク1杯
  • 就寝前 : プロテインドリンク2杯
これをたんぱく質とカロリーに着目してみるとおよそ次のようになります。
食事のタイミング タンパク質 カロリー
朝食 40g 240kcal
間食(10時頃) 14g 80kcal
昼食 14g 80kcal
間食(3時ころ) 20g 230kcal
夕食 14g 80kcal
就寝前 28g 160kcal
私のダイエット計画は次の通りです。

基礎代謝量から計算した一日の総摂取カロリーの目安は2295kcal。

そこから1か月に1.4kgの減量をするためには一日に2000kcalとればいいという計算になります。

という事は上記のたんぱく質以外に、昼食と夕食で1200kcal食べることが出来ます。

我が家で出番の多い鶏肉で考えると100gで200kcal。それに茶碗3分の1の白米100kcalを加えても300kcalです。

その他にもおかずを食べることを計算しても1200kcalより気持ち少ないかもしれません。

たんぱく質の吸収率

上述の番組では1回の食事で吸収できるたんぱく質の量はおよそ30gだそうです。

それを私の食事内容と比較してみると摂った分のたんぱく質はほぼ吸収できていそうです。

特に私がとっているホエイプロテインは吸収率が高いらしいので、理想的と言えるでしょう。

プロテインは比較的値段が高いものですが、毎日ツナ缶を2つ食べるのに比べればかなり安上がりだと思います。

また午後の昼食でとっている黒ゴマきな粉ヨーグルトはタンパク質が豊富なうえ食物繊維もたくさん含んでいるので腸内フローラを整えるのに効果的です。

 

これまでの経過と満腹ホルモン

始めは便秘がちだったのですが、腸内フローラを意識するようになってからはその問題は解決されました

またダイエットを始める前はプロテインドリンクを中心に食事を構成するので多少腹持ちが悪いかなと思っていましたが、特にそれも感じていません。

朝、昼、夕の食事でしっかりと満腹感を得ていますし、途中で間食も食べているのでお腹が減って辛いという事もありません

恐らくこれはタンパク質をしっかりと摂っていることにより、満腹ホルモンがしっかりと分泌されているためと思われます。

今までは自分が行っているダイエット食が適当であるかどうか自信がなかったのですが、昨日のテレビを見てそれが間違っていなかったことを確認できました。

1か月に1.4kgを目標というゆっくりとしたダイエットなので今のところ効果が明確にはなっていませんが、このまま続けていけば体重は減ってくるはずです。

とは言っても偏食をしていることは間違いないので、私と同じ食事をすることはお勧めできません。

あくまでも私が行っているのは自己責任において実験的にダイエットを行っているモノです。

もしも満腹ホルモンを意識するのであれば、番組で行っていたようなツナ缶を使うか、もしプロテインをとるにしてもあくまでも食事の補助としてとる方がいいでしょう。

もしかしたら全くの計算違いで筋肉が減ってしまったり、太ってしまう可能性もあります。

健康的にやせられるかどうかは1月の体組成測定の結果が出るまでわかりませんので、私の真似をするのは避けた方が賢明だと思います。

以上、プロテインダイエットについての考察でした。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-ウェイトトレーニングの日々, 何気ない日常
-