吉田のうどん 自転車乗りの日々

吉田のうどん みさきうどん 食べてきました

2011/10/26

LINEで送る
Pocket

先日そろそろ吉田行脚もおしまいの時期かなとかいていましたが、今日は一転とても温かかったので、またもや吉田までうどんを食べに行ってきました。

で、今日のお店は「みさきうどん」です。
みさきうどん 今日は少し早めに出かけたので、お店についたのは11時を少し回った頃。
お店を外から見るといかにも小民家を店として使っていると言う風体で、「吉田のうどん店らしいなぁ」と感じました。
暖簾をくぐって店内に入っていくとまさしく民家の廊下で、「本当にここから入っていいのかな」とどきどきしてしまいました。
奥に入るとコタツにあたっているおばちゃんが2人ほどいたので「こんにちは」と声をかけると、 厨房のほうに向かって「お客さんだよ」と伝えてくれました。
(お店の人じゃなかったんだ)と思いながらも「さぁさぁどうぞ」と声をかけてくれるので、席に着いてメニューを眺めていました。
すると先ほどのおばちゃんが「お水とお茶は後ろにあるからね。」と教えてくれたのでお茶を酌んでいるとお店のおばちゃんが20cm×30cm×10cmくらいの大きなタッパに入ったキャベツの漬物と、同じく大根とにんじんの酢の物をお茶の入れ物のそばにおいて「好きなだけたくさん食べて胃ってね」とにこやかに声をかけてくれました。
今まで漬物のサービスがあった店はありましたが、「好きなだけ食べてね」と言うのは初めてです。
早速遠慮なく頂戴しました。

漬物

キャベツの漬物



 

酢の物

大根とにんじんの酢の物



漬物はキャベツをシンプルに唐辛子と塩で漬けた浅漬け。酢の物は大根とにんじんを甘酢漬けにしたもので、どちらも素朴な味でおいしくいただきました。

さて注文ですが、こちらのお店のお勧めらしいきんぴらをいただこうと言うことで「つけの大、トッピングできんぴらをお願いします」と伝えました。
つけ 大 きんぴら まずごぼうのきんぴらですが、笑えるくらいのボリュームです。太目のごぼうを縦に4本に切ったものを10cmほどの長さにしたものが5本も出てきました。私の中指が5本分くらいあります(´ー`) ウフフ
つゆは油揚げの入った田舎味噌としょうゆが半々と言った感じの素朴な感じ。
トッピングはシャキシャキと歯ごたえのよいかなり細めに切ったキャベツがたっぴりと長ネギもそこそこの量乗っていました。
ここまでは吉田のうどんの定番と言った感じです。
しかし、残念なことに肝心のうどんが私の求めるものと違っていました。
腰がかなり弱く柔らかめに茹でてあったのです。
極端に言えば、スーパーなどでビニール詰めにされた茹でうどんと同じくらいの感じなのです。(まぁ、讃岐うどんと銘打ったうどんと同程度のコシはありましたが)
1度は食べてみるのも良いかもしれません。
比較的お店がすいている時間だったこともあってのんびりと食べていると、お店のおばちゃんが「コーヒーも飲んでって」と言ってインスタントでないきちんとドリップしたコーヒーを食後に出してくれました。
うどんのコシは残念でしたが、それ以外のサービスはとってもよかったので、これで550円は妥当な値段かなと思いました。

ちなみに帰りがけにおばちゃんが「自転車で来たの。どこから?」と聞いてきました。「若彦トンネルを抜けて甲府からきました」と言うと「トレーニングなの。大変だね」と言ってくれました。外に出て支度をしているとお店のおじちゃんも出てきて「これから甲府へ帰るの?」と話しかけてきてくれました。「本栖湖のほうを回ってから帰ろうと思っています」と言うと「だったらこの道をまっすぐ登っていって突き当たりを右に曲がれば富士急ハイランドの前に出るから、それが一番早いよ」と親切に教えてくださいました。ちょっとした会話ですが、こういったことがあると「また来ようかな?」と言う思いに駆られてしまいます。

さて、おじちゃんに教えてもらったとおりの道を通って自宅へ向かったのですが、今日は暑かったです。ウィンドブレーカーは若彦トンネルを抜ける間の数分間だけで後はずっとジャージのみで走っていても汗だくになってしまいました。
しかし人間慣れというのは不思議なもので前回今日とほぼ同じコースを走ったときは帰ってきた時にはへとへとだったのですが、今日はまだ少しだけ余裕があります。
結局今日も 6時間で距離130km、獲得標高1700mでした。

ただ少し残念だったことがありました。
ここを越えれば後は平坦と言うみたまの湯を走っているときに確かに100km以上走ってきたので足に力が入らず、上り坂はいつも以上に遅く走っていました。
すると、その横をローディーが何も言わず、(おそらく会釈もなしに) スーと追い抜いていったのです。
私は基本的にメタボの解消に走っているくらいなので走りは亀なのですが、それでもたまにローディーを追い越すときには「こんちわー」と声をかけています。
すれ違うときにも少なくとも会釈するか、道を挟んでいるので聞こえなくても「こんちわー」と声をかけます。
ただでさえ社会的に自転車乗りは肩身の狭い思いをしているのですから、せめてローディーの中でくらい挨拶しましょうよ。
ちなみに先ほど書いたローディーのあとで、別のローディーにまたも抜かされました。しかしこちらはたぶんフォルジークの選手だと思うのですが、きちんと「こんにちはー」と挨拶してくれました。こういった人を見るとよーしもっとがんばろうと言う気になるものです。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-吉田のうどん, 自転車乗りの日々