何気ない日常

掃除が出来ない母と姉(ちょっと汚画像含む)

LINEで送る
Pocket

頑固な母娘

私の母は以前はとてもきれい好きで家の中を掃除するのが大好きでした。

ところが認知症が重くなってきた頃から段々と掃除をしなくなり、腰を痛めたころから一切掃除をしなくなってしまいました。

一方姉は掃除が大の苦手で汚部屋に住んでいても平気という人です。

そのため母と姉が住んでいる離れは私が掃除しないとあっという間に汚屋敷と化してしまいます。

私は掃除することを厭わないので母屋の掃除と離れの掃除は毎日するようにしています。

ですが、一か所だけ問題があります。

うちでは浴室が離れにしかないためお互いの家族が共同で使っています。

その浴室には私の家族が使っているシャンプーやボディーソープなどを置くラックと母と姉が使っているラックの2つがあります。

その母と姉が使っているラックに触れられることを2人がとても嫌がるのです。

そのために浴室を掃除するにもそのラックだけは動かさずにおくしかありませんでした。

母の態度が軟化して

このところ腰の手術をした直後に比べると母の認知症の症状が少し良くなってきたように思います。

炊事や洗濯に挑戦しようという意欲が出てきました。

それと共に私が掃除するのを見ていて「ありがとう」と言ってくれるようになりました。

そこで母に「風呂場においてあるシャンプーとかが置いてある台だけど少し掃除してもいいかな?」と聞いてみました。

少し前だったら間違いなく嫌だと言っていたところを「掃除してくれるの?悪いね。お願いするよ」と許してくれました。

そうなれば後は姉だけです。

姉にも母が許してくれたことを告げ否応なく掃除する旨を伝えました。

さぁお掃除!

まずは掃除前の汚画像になります。



信じられないことにこのような汚いラックの上にシャンプーやボディーソープを置いていたのです。

そこでバスマジックリンとカビキラーを駆使してきれいにしてみました。



ここまではきれいになりました。

ですがプラスチック製のものなので汚れが染み付いてしまい、いくらスポンジでこすってもこれ以上汚れが落ちません。

とりあえずしばらくはこれを使ってもらい、ホームセンターに行く機会があったら新しいモノを買ってきて交換しようと考えています。

で、次はこのラックが置いてあった床面を見てみます。



いやぁおそろしいほどに汚れています。

この浴室を使っていたかと思うと冷や汗が出てきます。

こちらもバスマジックリンとスポンジを使って掃除してみました。



写真を撮った時間の問題で色合いが変わっていますが、茶色い汚れが落ちていることが見て取れるかと思います。

普通ならばここで終わりにしてもいいのですが、最近私は掃除に情熱を注いでいます。

さらにきれいにしたのがこちらです。



ピントがボケているのと色合いの問題でどこがきれいになったのかわかりませんね。

実はタイルの間の目地についている石鹸かすを歯ブラシを使ってきれいに取り除いたのです。

(写真に写っている範囲はすべて取り除きました。)

うちの浴室は床、壁共にタイル張りなのでどうしても目地に石鹸かすがついてしまいます。

腰痛と坐骨神経痛と戦いながらなので長時間は作業が出来ないので、一度にはかなり狭い面積しかできませんが何とか石鹸かすを落とせるように頑張っています。

今日のところはここまで綺麗にしてお終いです。

家族のだれも私がこんな掃除をしていることに気づきませんがまぁ自己満足なので仕方がありません。

一緒にお風呂に入っている次女は私が歯ブラシでこすっているのを見て何をしているのか不思議がっていますが(笑)

さぁ明日はどこを掃除しようかな?

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常
-,