何気ない日常

こんな病気を知っていますか?

LINEで送る
Pocket

あぁ方向性が...

断捨離ブログのはずなのに今年に入ってからほとんど病気ブログになっていますorz

まぁこの際難しいことは考えずに思いついたことを書いていきます。

先日来悩んでいた腰痛と坐骨神経痛、股関節痛ですが今日の昼あたりから痛みが少し治まってきました。

昨日はちらしずしを作るためにずっと立ちっぱなしで料理していたため、夕食を食べ終わったら身動きが取れないほどの痛みに襲われました(T.T)

そのことを考えると今日はまるで生まれ変わったかのように楽になっています。

と言って動き回るとまた痛みだすのですが。(いい加減にしておけと自分に突っ込んでおきます)

今使っている薬はトラムセット、リリカ、ボルタレンサボ(座薬)、ケトプロフェンテープ(モーラステープのジェネリックの湿布)です。

ボルタレンは1日2回までしか使えないため、朝と夕方使っています。

また湿布は腰から股関節、お尻など痛む部分に貼るため1日に3,4枚は貼っています。

これだけいろいろ使っているとどの薬がどう効いているのか自分でもよく分かりません。

ただそれぞれの薬を使い始めて4日ほど経った今になって痛みが治まってきたことを考えるとリリカが効いてきた可能性が高いように思います。

リリカは普通の痛みどめと違って神経痛を治す薬なので効き目が出るまでに少し時間がかかるんです。

(リリカについての詳しい情報はググってみてください)

またトラムセットの飲み始めの副作用である吐き気もほとんどありませんでした。

同じくリリカの眠気もほとんど感じません。

全ての方にこれらの薬が有効かはわかりませんが、少なくとも私に関しては十分効果があるようです。

話は変わって

以前このブログで書いたことがあるのですが私は人の顔を覚えることが出来ません。

正確に言うと顔のパーツとしては目や鼻、口という風にわかるのですがそれを組み合わせて覚えることが出来ないんです。

以前私が不眠症で通院している精神科の先生にそのことを話したところ、「それはいわゆる失顔症というものかな。正確なところは詳しい検査をしないとわからないけど」と教えられました。

失顔症という言葉自体がほとんど知られていませんし、当然そのような病気があることも知られていなかったように思います。

私が幼少の頃にはそのような病気があることも知らず、他人の顔を覚えられない変わった子だと思われていました。

とはいっても私の場合はそれほどひどい症状ではなく、ほくろの位置など分かりやすい特徴があればある程度は人の顔を識別できます。

ですが、大人になり社会人になってからは人の顔を覚えられないというのは致命的です。

私の最初の職業はある私立大学の常勤講師だったのですが、これが失顔症の人間には大変不適格な仕事でした。

教室が小さく講義を受ける学生の人数が少なければ学籍番号順に机に座らせて出席をとることが出来ます。

しかし講義を受ける学生が多い場合にはいちいち出席をとっていられません。

よって、出席用紙に学籍番号を書かせて提出させるようにしていました。(大抵の講義がこの方法ですよね)

で、何が問題かというといずれの場合でも顔と名前が一致しない以上いくらでも代返が出来るのです。

数年するとこのことが口コミで伝わったらしく、私の受け持った一般教養科目は大盛況になりました。

そこで、もう出席をとることをあきらめ、月に1回程度レポートを提出すれば受験資格を与えることにしました。

場合によると替え玉受験も可能だったかもしれませんが、試験内容を理解している人間がいればそれで良しとしていました。

これが教授の講義だったら大きな問題だったかもしれませんが、そこは常勤とはいえ講師であるものの気楽さです。

当時は今のようにWYSIWYGの環境が整っていなかったためTexのソースファイルをレポートとしてフロッピーで提出させるなど今考えると結構無茶もしたのですが(笑)

まぁ学生にしてみれば都合のいい先生だったかもしれません。

妻とはこの職場にいるときに結婚しました。

次なる職場へ

その後、通勤時間のことも考えて地元の大手の職場に転職したのですが、そこでは4月の異動時以外は席が決まっており、その座席表をデスクマットの下に入れておけば別段困ることはありませんでした。

しかしながら、仕事内容がかなりハードでまた異動で入ってきた上司と折り合いが悪く体を壊してしまいました。

それがどんなかというと、胃潰瘍が出来て救急で病院に行ったところブスコパンを点滴されて家に帰され、翌日もう一度受診するようにと言われたんです。

当然痛みが引くはずもなく翌日まで地獄のような痛みを我慢することに...

私は痛みのあまりよく覚えていないのですが、かなり若い医師が診てくれたそうです。

今考えれば研修医か何かの相当のやぶだったのでしょう。胃潰瘍にブスコパンが効くはずないでしょうに(`へ´)

で翌日の朝になったのですが、昨夜救急で行った病院には行く気が起きず、別の病院で診てもらうことにしました。

詳しいことは妻に説明してもらい、私は痛みをこらえていました。

その後エコーや内視鏡、CTなどの検査を受け、痛みの原因は胃潰瘍であると確定しました。

即時入院となり、点滴から栄養を摂る生活が始まりました。

薬で胃潰瘍が完全になくなればよし。

最悪の場合(出血した場合)は内視鏡で手術するという話でした。

点滴の針はずっと挿しっぱなし、そのほかに飲み薬も飲んだような気がします。

それから何日経ったかわからなかったのですが、突然の吐血。

即手術という運びになりました。

妻が病院にいるときだったので私は後からこんな話を聞きました。

「内視鏡で手術をします。」

「出血がひどいので腹腔鏡で手術します」

「腹腔鏡での手術が難しいので開腹手術をします」

と次々と手術方針が変わったそうです。

結局私は胸骨からへそにかけて大きくお腹を開かれ、かなり大きく胃を切り取られることになりました。

(確か3分の1くらいと言われた気がするのですが)

緊急手術だったので硬膜外麻酔などなく、術後の痛みと言ったらひどいものでした。

今考えると術後せん妄を起こしていたのでしょうが、手術後の記憶がかなり途切れ途切れで何日後に歩き始めて何日後に退院して、といったことがよく分かりません。

ただ、お腹を見ると大きな傷があるのであぁ手術したんだなぁとわかるくらいです。

そういえば肋骨の下あたりに3センチくらいの傷があったのですが、これは腹腔鏡の内視鏡を入れるための傷なのでしょうか。

いずれにしてもここの先生も見立ての甘いやぶだったんでしょうね。

最初に胃潰瘍と確定した時点で内視鏡で手術しておいてくれればこんな大事にはならなかったのですから。

その後退院して職場に戻ったのですが、例の上司は「入院して遅れた分の仕事を期日までに仕上げろ」と。

なんとか我慢してその職場にいたのですが、結局体のことを考えて2年後に退職。

今でも忘れられない、ハゲ親父。

やつさえいなければその職場にいられたのですが...

まぁ今更言っても詮無いことです。

あと一つ

私にはもう一つ持病があります。

それは「離人症」というものです。

知っている方もいるかもしれませんが一応簡単に説明します。

離人感というのが説明しにくいのですが、自分が夢の中にいるように感じたり、デジャヴを見ているように感じたり、幽体離脱しているように感じたり...

とにかく自分が自分でなくなる様な感じがするのです。

多くの人は極度に疲れた時などにこれを感じるようです。

この離人感がちょっとしたきっかけで頻繁に起きるのが離人症です。

私は10代のころからこれを発症していたのですがその頃は精神科にかかっていなかったのでそういう病気があることも知りませんでした。

前述の胃の手術を受けることになった職場にいる頃にひどい不眠症になり精神科に通うようになって初めて離人症について知りました。

その頃は本当に頻繁に離人感が起こり、その度合いも酷いものでした。

そのためセロクエルという薬を飲んだりしていました。

今ではそこまでひどくないので常に薬を飲んではいません。

しかし時として強い離人感に襲われるので頓服の薬は手放せません。

PZCとエチゾラムがそれなのですが、これがあまり効かないんです。

今まで車を運転している時に離人感が出たことはありませんが、車を駐車してホッと気が抜けた時に離人感が出て動けなくなったことはよくあります。

それを分かってもらえず、一時期は妻から運転禁止令が出ました(T.T)

PZCもエチゾラムも運転は注意することと注意書きがありますが離人感を感じたまま運転するより余程ましです。

結局のところ離人感を感じたら大人しくその嵐が過ぎるのを待つ。

これしかありません。

もしも今後運転中に離人感に襲われたら車を路肩に止めて回復を待ちます。

それ以外の場面では多分人に迷惑をかける病気ではありません。

自分ではとても辛いものなんですけどね。

おまけ

私の病気に関する告白は以上です。

でこんな話だけだと辛気臭いので今日の昼ご飯を紹介します。



ここまで書いてきた病気とは関係ありません。

ですが私が10代のころからずっと食べ続けてきた福吉という店の広東麺の大辛です。

少なくとも3ケタ以上は食べています。

胃が悪くても頭が悪くても(!?)ずっと食べ続けています。

実は母も元気なころはこの広東麺(辛口ではなくノーマルのもの)が大好きでよく一緒に食べに行きました。

そのようなわけもあって私にとって外食と言えばこれが定番なんです。

なかなか家族そろって食べに行くのは難しいですが、また近いうちに食べに行こうと考えています。

さて、個人情報の漏えいはこの位にしておきます。

明日辺りからそろそろ本来の断捨離ブログに方向転換しますe(^。^)g

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常
-,