何気ない日常 断捨離の日々

断捨離するのは捨てるのが基本

LINEで送る
Pocket

当たり前ですが

断捨離するという場合、モノを捨てるという意味で使う場合が多いです。

しかし、正確にはモノを処分するという方が正しいでしょう。

(断捨離についての細かい定義はここでは省きます。)

モノを処分するにはいろいろな方法があります。
  • 捨てる
  • 売る
  • 知人に譲る
  • 寄付する
などがあげられます。

この中でも「売る」に関しては、オークションやメルカリなどのネットを利用して売る方法や、リサイクルショップなどの実店舗に売るなどの方法があります。

私も以前はコンピュータのパーツをばらして自作PCに使えるようにヤフオクで売ったりしていました。

以前は比較的頻繁にPCを自作していたのでパーツの売買の機会が多く、多いときには月に2万円くらいの純益がありました。

このように手間を惜しまない方であれば月に数千円~数万円を稼ぐこともできますが、私は面倒くさがりなのでこの方法があまり好きになれません。

どうもこの方法は手間を考えるとさほど儲からないような気がするのです。

PCのパーツでいえば箱やマニュアルがないと値段が上がりませんし、ある程度特徴のあるパーツでないとそもそも買い手がつきません。

といったわけで私は断捨離を始めたころにはヤフオクを利用することは全くなくなっていました。

そういったわけで最近私が断捨離するという時には処分するというよりも捨てることを意味することが多いです。

妻が次女の服を処分するときには知人に譲っていますが、自分の服や長女の服は捨てています。

リサイクルショップに売っても

このように基本的には断捨離=捨てるという式が成り立っている私ですが、時々気紛れでリサイクルショップを利用することがあります。

お気に入りのものだけど使わないので処分したい。だけど捨てるには忍びないと言った時です。

今回はそんなものを断捨離することにしました。







上の2つの写真は私が3年くらい前に買ったスノボ用のウェアで、一番下のは同じく妻のウェアです。

まだまだ十分使えるものです。

1年使わなかったら処分するというルールはあるのですが、これらのモノにそれを適用して良いものかどうか。

多少悩んだのですが、妻に「お父さんも年を考えてそろそろスノボとか卒業しなさい。」と言われたため思い切って処分することにしました。

ですが、このまま捨てるのは忍びない。

そこで近所にあるオフハウスというリサイクルショップに売ることにしました。

 

昨日の夕方妻が帰ってきてからウェアを一式もってオフハウスに行き査定してもらうために運び込んでみると「レディースのウェアは一律で、一着一円になります」と言われてしまいました。

妻のウェアは少しくたびれたものなので期待してはいなかったのですが、しかし一着一円とは。

まぁ持って帰るのも面倒なのでそれで納得し、私の分を「これはメンズなので見てください」とお願いしました。

買った時には私の分だけでもで2万円以上したものなので、少し期待しつつ査定が終わるのを待ちながら店内を見て回っていました。

私たち夫婦は中古の服はあまり好きでないので特に欲しいモノはなかったのですが、それにしても中古にしてはずいぶんといい値段をとるのですね。

しばらくすると店内放送で呼び出されカウンターへ。

いくらになるかなと明細を見てみると、総額で233円。

レディースが一円と聞いた時点でメンズも大したことはないだろうと思っていましたが、それにしても230円とは。

やはりリサイクルショップといった実店舗ではいい値段はつかないですね。

実店舗のいいところは処分しようと思った時にすぐに売りに行けることと手間がかからないことくらいです。

しかし、捨ててしまうよりも誰かに使ってもらえるのであればその方がいいと考えて買い取って貰うことにしました。

230円を握りしめて

話は変わるのですが、私が利用しているガソリンスタンドの近くにいつ通っても開いているのを見たことがない不思議なラーメン店があります。

ずっと前から気になっていたのですが、3週間ほど前に妻が店の前を通りかかるとついに開いているのを見たそうです。

しかも店の前には30人近い行列が出来ていたとのこと。

これは何とかしてその店に行ってみないことにはと思い情報を集めてみました。

どうやら噂に聞く二郎系のラーメン店で、定休日が週2回。しかも店のご主人が体が弱いため頻繁に休むことがあるらしいです。

ではどうやって開店の情報を得るかというとツイッターで情報発信しているとのこと。

その珍しい(!?)開店日が今日でした。

しかも今日は姉が仕事を休んで母の白髪を染めるために美容院に連れて行ってくれたため、1日中時間がとれました。

そこで昨日ウェアを売った230円を握りしめてその店に向かいました。

11時半開店の店なのですが、早めに行って車の中で待っていようと思い10時半には店の前に着きました。

すると驚いたことに既に店の前で待っている人が一人。

とは言っても他には人が見えないため、私は車の中で待機です。

しばらくすると別の車が来たため、念のために車から出て店の前の行列待ち用のいすに腰掛けました。

それが10時45分くらいだったのですが、その後続々と人が集まり11時少し前にはもう15人くらいの人が行列を作っています。

そして11時になると、店のシャッターが開き30分繰り上げて開店の運びとなりました。



この店は食券制なのですが、そこには「初めての方はミニ(麺200g)をお薦めします」というような張り紙がしてありました。

しかし、私は以前イオンモールのフードコートに有ったジャンクガレッジという二郎系ラーメン店で一応経験があります。

そこで、普通のラーメン(麺300g)の食券を買いました。

前のお客さんに倣って、その食券をカウンターの上の台においてから店内を見回すと、

「店主がにんにく入れますか?と聞くので、無料トッピングを入れるか答えてください。無料トッピングの種類はにんにく、やさい、脂、辛め(しょう油)」

といったことが席の前に貼ってあり、野菜増しの方は残すのは厳禁といったことも店の端の方に貼ってありました。

しばらくして、店主に「にんにく入れますか?」と聞かれたため、「にんにく、野菜増しで」と頼みました。

普段ならばにんにくはまず食べることがないのですが、二郎系のラーメンではマストらしいです。

それからほんのわずか待っているとカウンターの上の台にラーメンが出てきました。

それがこちら。



店がかなり狭く、隣の人と肩が接してもおかしくないほどなのでサイズ感を出して写真を撮るのが難しかったですorz

もやしのサイズからなんとなくわかるかと思いますが、これは半端じゃなく量が多いです。

麺自体が300gと普通の店よりもかなり多く、しかもゆで野菜(もやしがいっぱいと少しのキャベツ)がたっぷり。

チャーシューも極厚で大ぶりのが2枚のっています。(表面がバーナーであぶってあり、脂がとろけているために厚さの割に食べやすかったです。)

本当は野菜だけ先に食べてラーメンのみの写真を撮ろうと思っていたのですが、途中でそのような余裕が無くなりました。

二郎系ラーメンでは定番の天地返し(蓮華と箸で下のラーメンを引っ張り出して野菜を下にしてラーメンから先に食べる方法)をしないと麺が伸びてしまい、とても食べきれそうにありません。

野菜増しにした以上お残しするわけにはいきませんし必死に食べきりましたが、周りの人は同じ量のモノを平気な顔をして食べきり私よりもはるかに早くお店を出て行っていました。

常連恐るべしです。

考えてみれば、私はジャンクガレッジで経験があるというのは野菜増しだけで、麺は大盛り(この店でいう普通)を食べたことはありませんでした(^^;)

しかも、私はもともと背脂たっぷり系のスープは苦手ですし、チャーシューも脂身よりも赤身が多い方が好みだったりします。

しかしながらそれを感じさせないくらい美味しいラーメンでした。

私は身長が180㎝以上あるメタボなので大食漢に思われるのですが、胃の手術をしたこともあって案外少食だったりします。

そのため、今日のラーメンはお腹がはち切れそうなくらいボリュームがありました。

で、私はにんにくとラーメンの熱さのために体がぽかぽかでお店を後にしたのですが、懐は若干寒くなっていました。

昨日の230円では到底ラーメン代が出ないことは分かっていましたが、今日のお店の普通のラーメンは690円です。

2万円以上のウェアを売ってラーメン代の3分の1にしかならないとは(T.T)

自分の思い入れのあるウェアを売ってラーメンを1杯も食べることが出来ない。

何となく自分の思い入れを安く見積もられたようで気分がよくないですね。

やはり、断捨離するなら捨てるのが基本。

そんな当たり前のことを改めて実感しました。

それでも、たまにはこんなこともいいかというわけで家に帰ってから妻にラインで報告しました。(11時に店に入ったので、この時点でもまだ12時前です。)

すると妻は「これで690円?ずいぶんとコスパがいいね。これだからあんなに人が集まるんだね。」と驚いていました。

山梨県内では二郎系ラーメンとしてはこの店が一番評判がいいようなので、一度妻にも経験させてあげないと。

次はぜひ妻にもこの衝撃を味わってもらわなくては...

もちろん、今度は私も妻もミニにしようとは思いますが(にんにくと野菜増しはマストです)。

ただ、ミニは麺が200gでチャーシューも1枚なのに640円なんですよね。

コスパを考えると普通のラーメンの方がいいような。

ちなみに子供でも必ず1杯の注文が必要(親の分をシェアして食べさせるのはNG)なので次女を連れて行くのは無理そうです。

長女は私以上に脂が苦手なので長女も無理です。

なのでお店に行くのは長女が部活でいない日で、次女が実家に遊びに行く日でなければなりません。

ただ実家のばぁばが腰を痛めており、まだ当分の間次女を預けることが出来ないのでまだしばらくは伺う機会が無さそうです。

しかも、店主の体調がよくて開店する日でなければなりません。

いやぁ一体いつになったら妻を連れて行けるのやら。

おまけ

断捨離ネタで始まり、ラーメン屋の話になり、さらにおまけまでつけるかといった感じですが、そこはご勘弁を。

今日の夕飯は私がお腹がすかず食べられないため、簡単に済ませてもらいました。



日本そばのつけそばです。

つゆは白だしをベースに大根、ニンジン、シメジ、油揚げを入れ麺つゆと醤油と塩で味を整えました。

それだけだと寂しいので少しでも春っぽくしようとぜんまい、ふきの水煮(共に90円)を特売だった小松菜と一緒に茹でて上にのせてみました。

で、そばの上には三つ葉(半額の見切り品)を散らしてなんとなく雰囲気をよく見せようと。

自分は昼間外食して贅沢したのに、家族には特売品で作ったつけそばかと怒られそうですが、それでも家族は喜んで食べてくれました。

値段は安くあげていますが手間はかけているんですよ、そうでなかったら家族に怒られてしまいます、と言い訳をしておきます(^^;)

野菜がたっぷりのつゆだったので予想以上に好評だったため、また今度自分も食べられる時に作る予定です。

(一応味見程度には食べましたが。)

以上、今夜の夕飯でした。

 

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常, 断捨離の日々
-,