何気ない日常 断捨離の日々

3月11日をきっかけに断捨離を

LINEで送る
Pocket

今年も3.11を迎えて

早いもので今年で東日本大震災から6年が経つのですね。

その時次女は妻と一緒に歯医者さんに入るため駐車場から移動中。

私はロードバイクでトレーニングコースを走って家につき、シャワーを浴びようと裸になったところ。

長女は小学校で授業中。

私の住んでいる甲府市では震度5強だったのですが、携帯が一切通じなくなってしまったため家族が集まるのにかなりの時間がかかってしまいました。

私は下手に外に出るよりも家で家族が帰ってくるのを待った方がいいだろうという事で自宅待機。

妻は次女を連れて、実家の様子を見てから帰宅。

長女は近所の奥さんが車に乗せて連れ帰ってきてくれました。

我が家ではそれ以前から地震への備えはかなりしっかりしていましたが、それ以来さらに備えを充実させました。

妻が地震予知マニアになったのもそれからです。

今年は3月11日が土曜日だったこともあり、家にいた私と妻、次女の3人で当時の様子をテレビで見ていました。

2時46分に黙とうをし、妻は涙していました。

そんな妻だからこそ地震に対して異常なほど警戒しているのでしょう。

ストックの見直し

我が家では災害用のストックは冬用と夏用の切り替えをするため、最低でも年に2回は見直しをしています。

実際にはその他にも賞味期限を頻繁に確認するため年4,5回は見直ししていると思います。

そのため、3月11日は特に見直しはしません。

もうすぐ夏用のストックとの入れ替えを控えているので、このタイミングでは必要ないためです。

とは言ってもカップ麺などはローリングストックで食べたら新しいものを補充するといったストックをしているので念のために確認してみました。



以前は価格の安い麺づくりがほとんどだったのですが、最近はバリエーションに富んでいます。

というのも、いざ食べるときのことを考えると同じ味ばかりだと飽きてしまうだろうという配慮からです。

地震などの災害で精神的に参っている時であれば、せめて食べるもので気を紛らわせようというわけです。

ストック庫にしまうとこんな感じです。



かなりギリギリの量です。

これ以上ストックは増やせないので新しいモノを買ってくるにはこれらを食べてからになります。

しかしこれらには1度も食べたことのないものがかなり多く含まれています。

中には相当なキワモノも含んでいるのでもう少しスタンダードなモノを増やした方がいいかもしれません。

特にぺヤングが怪しいです。

カップ焼きそばのシェアは地域によりかなりの違いがあるのですが、私の住む山梨県はぺヤングがかなり強いです。(UFOもかなり強いですが)

最近のぺヤングは何を考えているのだろうというくらい、思いっきり攻めてきているので自然ストックもキワモノが増えてしまいます(;^_^A

先日、にんにくMaxを食べてしまったのですが、写真の中だけでも6種類あります。

この後ノーマルとペペロンチーノ風も増やしたので8種類に増えました。



カレーなどのレトルト食品も常に20個程度はストックしています。

そのほとんどが咖喱屋カレーです。

最近はそれに追加して、いなばのタイカレー缶もストックし始めました。

レトルトパックに比べると賞味期限が長いというのが利点です。

それにカップ麺と同じでいつも同じものばかりだと飽きてしまうので変わったモノも用意しておこうというわけです。

しかし、妻には「さすがにいなばのカレーはちょっとキワモノ過ぎない? 子供たちは食べられないよ。」と言われてしまいました。

確かにその通りなのですが、グリーンカレー以外は辛さはさほどでもないので長女でも食べられます。

ただ、これを持って避難所に行って食べていたら周りの人のひんしゅくを買う可能性があるかもしれないなぁ。

隠れて食べるには匂いが問題かも...

まぁそこまで考える必要もないでしょう。

自分の家族の食べ物は自分で確保するのが原則。

自分のストックを食べるのに人に遠慮する必要はないでしょう。

こんな日だからこそ断捨離を

なぜ3.11に断捨離を?

3月11日を迎えたという事で断捨離をすることにしました。

「どういうつながりだ?」と思われるかもしれませんが、食器戸棚を見直してみたのです。

大きな地震が起きれば食器が戸棚から飛んできて凶器になります。

また地震が終わってからも床に散らばったガラスなどは大変危険です。

私のいとこは東京に住んでいますが、高層階の部屋に住んでいたため揺れが強かったらしく床にかなりの食器やガラスが落ちてしまったそうです。

それを踏んでしまったため、病院で何針か縫ってもらったと聞きました。

うちでは3.11の時でも食器類も含めて床に落ちたものは何もなかったのですが、それでももっと大きな地震が来るかもしれません。

それに備えておこうという訳です。

キッチンの食器戸棚を見直し



ガラスで反射してよく見えませんが、かなりごたごたしています。

これでもかなり断捨離してモノは減らしています。

残っているのは私が料理して使うモノと、妻がどうしても捨てさせてくれないモノです。

 

今回断捨離したのがこちらです。」

普段使っている大皿とサイズの違う丸皿3枚。

どんぶり4つ(処分するかどうか未定で一時保管庫にあったモノ)。

グラタン皿4つ(このほかにグラタン皿が4つあるのですが、ときどき1回に作った材料がよそいきれないときがあるため一時保管していました。)

次女の子供の時に使っていた食器。(妻がどうしても捨てさせてくれなかったもので、ようやく踏ん切りをつけてくれたもの)

その他食べ物と保冷剤です。

で残りのモノを整理してみるとこんな感じになりました。



普段使いする食器は上段に、食品は下段にしまうようにしてみました。

食器は最上段に軽いものを置き、下にいくにつれ徐々に軽くなるように気をつけました。

残った食器は同時に使うことがあるものなので、断捨離するのがかなり難しいです。

料理を大皿に盛ってしまえばもう少し減らせるのですが、個別によそってあげるにはこのくらいは必要になってしまいます。

最下段左のどんぶりは近いうちに処分する予定です。

しかし家族4人で使うにしてはまだまだ食器が多すぎますね。

上から3段目の真ん中にある皿は無くてもいいような気が...

同じく3段目に右にあるお椀の上の皿も減らしたいところです(-_☆)

居間の食器戸棚を見直し

居間の食器戸棚は先ほどのストックの他に妻のお気に入りのティーセットがしまってあります。

しかし、もう少し断捨離することが出来そうに思います。

妻のお気に入りという感覚そのものを変えていくことによって徐々にモノを減らしていけそうです。

で、今回はこんなものを断捨離しました。



ティーセット1組と使わないマグカップ。

長女のために買ったアメリカンドッグを作るための道具などです。

さりげなく左上に小さなスプーンがあるのですが、これは私たち夫婦の結婚式で配ったプチギフトです。

これで、結婚式の思い出の品はすべてなくなりました。

何せだいぶ昔のことなので、ビデオもVHSだったので断捨離してしまいました。

一応写真は少しだけ残してありますが(;^_^A

今年の見直しはこれくらいで終了です。

私から見ると居間の食器棚はもう少し整理できそうなのですが、それは来年に向けての課題です。

おまけ

そんなこんなで断捨離に励んでいたらもう夕方になってしまいました。

次女が見たいテレビがあるというのですぐにお風呂に入ってから夕食の支度です。



豚肉の薄切り肉のさっぱり炒めとほうれん草の胡麻焼き、鶏軟骨(やげん)、餃子の4品です。

普段だったら時間をかけて作れるのですが、家族がお腹を空かしているので頑張って30分ほどで完成させました。

久しぶりにキャベツやミニトマト、ホウレンソウが安く買えたので少しは彩りよく作れました(^.^)

それにしても私の料理の腕でこれらを30分で作るのはかなり大変でした。

そのためすっかり疲れ切ってしまい、ブログの更新ができませんでした(T.T)

こんなところで3月11日の夕食でした。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常, 断捨離の日々