吉田のうどん 自転車乗りの日々

吉田のうどん わたなべうどん 食べてきました

2011/11/16

LINEで送る
Pocket

昨日は小瀬のトレーニングルームで腹筋と背筋をトレーニングしてきたので、体力的にちょっと自信がなかったのですが、特に筋肉痛もないのでまたも吉田までうどんを食べに行ってきました。

で、今日のお店は「わたなべうどん」です。
わたなべうどんこちらのうどんは漫画「おいしんぼ」で紹介された店と言うことでぜひ一度伺ってみたかったのですが、忍野ということでつい二の足を踏んでいました。
しかし、前回忍野までライディング出来たことで自信を持ち、ついに伺ってみました。
事前に手書きで書いておいた地図が間違っていたため、本来12:00AM前にはつくはずだったのですが、実際には12:20AM頃につきました。(スマホに感謝)
店内にはまだ4、5組ほどのお客さんがいたのですが、相席ですぐに座らせてもらえました。
どうやらその少し前まではかなり騒然としていたようで、お店のおばちゃん(1人)とおじちゃん(3人だったかな)はやっとほっと一息といった雰囲気を感じました。

メニューを見るとつけに冷たいのと温かいのがありました。これはつゆはどちらも温かいけれど、麺が冷たいか温かいかの違いだそうです。
頼んだのはもちろん「冷たいつけの大」。(メタボの心配をするなら中にすべきなんだけど、ハンガーノックが怖くて...と言い訳をしてみる)
つけ(冷)大つゆはいりこだしで、味噌が主張しすぎないシンプルなもの。薄揚げは煮込みすぎてなくておいしかったです。
麺はまずその長さに驚きます。およそ40cmはあると思います。量もなかなか多めです。
とりあえずつゆをつけずに食べてみると、まるで下味がついているかのようにほんのりとした塩味がします。 (打ち方の違いかゆで方の違いか分かりませんが)
麺の固さはというともちもちとしている麺です。(すすって食べられるほど柔らかくはありません。)口にほうばってもぐもぐと噛んで食べる麺です。
いかにも、「あぁ、吉田のめんだなぁ」といった感じです。
トッピングは定番のキャベツの茹でたのですが、量はさほど多くないものの穂応えはよくておいしかったです。
つゆにつけて食べてみると、「初めて食べたら面食らうだろうなぁ。つゆといい麺といい漫画を見て食べに来た人は驚くんだろうな」と 感じました。
すりだねはゴマと唐辛子、あとたぶん山椒が入っているような気がしました。適度に辛くて少し多めに入れると香りもよくおいしかったです。
すりだねつゆも特に塩辛くなかったので、すべて飲み干してご馳走様でした。
これで500円 はそこそこだお得かなと思います。

さて、今日の帰りは昨日の反省もあり、精進湖線は避けて本栖湖経由で帰ってきました。
店を探すのに迷ったこともあり、今日は帰りが結構時間がかかってしまいました。
しかも、だんだんと寒さが辛くなってきて、途中でおなかを下して、またも鳴沢の道の駅でトイレをお借りしました。(いつもすみませんf(^_^; スンマセン)

家に帰ったのは5:00PMを過ぎてしまい、さすがに少しくたびれました。
トータル7時間で142km、獲得標高1740mでした。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-吉田のうどん, 自転車乗りの日々