何気ない日常

いつの間にか骨折

2016/11/22

LINEで送る
Pocket

母の腰痛

今年に入ってから母が腰痛を訴えていました。
で、毎月整形外科に連れて行き診察を受け、痛み止めとシップを処方してもらっていました。

しかし、なかなか痛みが引かず、だんだんと腰が曲がってきたのが見て取れるようになりました。

TVCMで「いつの間にか骨折」について見たことがあったので、まさかなと思っていたのですが、今日の診察で腰椎が圧迫骨折していることが分かりました。
早速手術の予約を入れてもらい、来月の8日に脊椎固定の手術を受ける運びとなりました。

母は膝が悪く、すでに両足の膝関節の人工関節置換術の経験があります。
その手術の印象が記憶に残っているようで、「手術はいやだなぁ」とぼやいています。

 

今更ですか?

私が、「腰が痛いうえにこのまま放置すれば寝たきりになってしまうんだって。あきらめて手術を受けなよ」と言うと、

「病院のベッドで横になっていたら、頭がぼけてしまいそうな気がする」と言います。

「今更何を心配してるの?すでにぼけてるじゃない」とは流石に言えません。
今のところはひどい物忘れと軽い徘徊癖があるくらいで、会話などは普通に成り立っています。
術後のせん妄から認知症が進み本格的な認知症になり、たとえば家族の顔も分からないようになったら大変です。

入院中は極力顔を出して、退屈しないようにしてあげようと思います。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常
-