何気ない日常 断捨離の日々

遺言書キットを開いてみました(終活)

LINEで送る
Pocket

遺言書虎の巻

先日買った遺言書キットについてくる遺言書に関する説明書です。

遺言書がなぜ必要かといった基本的な部分から具体的な遺言書の文例まで一通りのことが説明されています。

子供のいない人、子供がまだ小さい人、若い人(15歳以上)などに遺言書を書こうという気をおこさせるには十分な内容が書いてあります。

相続の大変さについてまず触れられているためこれを読めばとりあえず書いておこうという気になります。
(そもそもこれを買った時点で遺言書を書く気はあると思いますが(^^;)

遺言書を作る動機づけとしては十分な内容でしょう

 

 

実際に書くには

しかし、未登記の不動産の扱いや会社を経営している場合の遺言の仕方など細かい部分は省かれています。

実際に遺言書を書くにはもう少し専門的な書籍を読んでから書いた方が良さそうです。
(弁護士ドットコムが特別協力となっているため、詳しいことはそちらへ依頼することを勧めているようです。)

私は今まで3,4冊遺言書の書き方に関する本を読んでいるため、特に困ることはありませんが...

自分が亡くなった時にだれが法定相続人になるのかわからないといったまったくの初心者ならばこのキットだけでは役者不足です。

さらに望むならば、遺言書を残された側(相続する側)についての説明が欲しかったです。

遺言書に書いてある内容を執行するにはどのような手続きが必要なのか一切触れられていません。
(遺言書の書き方に関する説明書なので当然と言えば当然なのですが)

 

一度買っておけば

このキットは1382円と結構な値段がしますが、一回買っておけば文例が分かります。

そうすれば次回からは同じKOKUYOが出している「遺言書用紙・封筒セット」だけ買えば書き直すことができます。(こちらは500円ほどで買えます。)
夫婦で各々書く場合も同様です。

ライフスタイルを断捨離している私としては自分が亡くなった後の面倒事も断捨離しておきたいです。
(断捨離して今の自分だけが満足しているだけでは不十分な気がします。)

遺言書はエンディングノートと合わせて自分のライフスタイルの見直しに使えそうです。

断捨離を進めてライフスタイルが変わったらまた遺言書を書き直そうと思います。

 

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-何気ない日常, 断捨離の日々
-,