吉田のうどん 自転車乗りの日々

吉田のうどん 麺許皆伝食べてきました

2011/07/24

LINEで送る
Pocket

今週は台風のため自転車に乗れなかった。
その代わり時間が作れたときに愛車TCRを洗車・整備してたのだけれど。

1週間ぶりのお出かけとなる今日も相変わらず吉田にうどんを食べに行ってきました。
今日のお店は麺許皆伝。
麺許皆伝
今日の朝ごはんは小さめのどら焼き1つ。これじゃまるで補給食orz
店に着いたのは11時半過ぎだったのだが、テーブル席とカウンター席をあわせると40人くらいは座れそうな店内はすでに満席。
店内にはご主人の景気のいい「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の声が響き渡っている。
店員さんはお姉さん(私よりも若そうだった)が3人くらいいたようだ。
私の前に2人組のお客さんがすでに待っていたのだが、たまたまカウンター席が1席だけすぐに開いたのでそこに案内してもらった。
席に着きいつもどおりつけうどんを頼もうと思ってメニューを見ると、特大かき揚げが100円でトッピングできるとあって思わず「天つけの大盛り」を注文。
(ダイエット目的のツーリングなのにorzやっぱり朝ごはんをしっかりとっておかないとだめだね)
天つけ大盛り
更にメニューを眺めているとその中に「とうがらし付け」というものを発見。
忙しい中申し訳ないと思いながらも、お姉さんに「とうがらし付けってどういうものですか?」と聞くと、ご主人のところに聞きにいき「とうがらしを付けたものです」という「そのままじゃん」と突っ込みたくなるような返答。
よく分からないながらも辛い物好きの私としては「じゃあそれも追加で」と注文する。
とうがらし付け
出てきたのは上の写真のもので、長さ5cmくらいのとうがらしをしょうゆ漬けにしたもの。(とうがらし付けの「付け」が「漬け」でないのが不思議)
辛さは(私にとっては)ほどほどでちょっとしょっぱめの漬物といった感じ。自転車に乗って汗をかいた私には大変美味でした。

かき揚げはサイズは写真のとおり大きかったけど、衣が多くて具が少な目といった感じ。さくさくっとした食感がよかったです。
うどんの皿には定番のゆでキャベツのほかに長ネギも薬味にしては結構多めについてきました。
うどんは私好みの極太でコシの強いもの。つゆはダシのしっかりきいた味噌汁といったくらい味噌の風味の強いものでした。
全体的に吉田のうどんの特徴をおさえているなという感じでした。
これで550円は頑張ってるなぁと思います。
それだけあって食べ終わって12時過ぎくらいに店を出ると10人以上の行列ができていました。
(着いてすぐに席に漬けたのは運がよかった。私の後で10人組のグループも来ていました)


さて今日は1週間ぶりのライディングだったのだが、やっぱり始め10kmくらいは足が重かった。
しかしその後登りに入るとしっかり疲れが抜けたためかいつもより1段重いギアでも踏めるのにわれながらビックリ。
だが考えてみると今日はかなり涼しくて、芦川の温度計では21℃。鳴沢で23℃。精進湖で26℃といつもより3℃近く低かった。
おかげで若彦トンネルを抜けるころには足が冷えてひざが痛むくらいだった。
やっぱりある程度涼しいほうがペースを上げれるように思う。
その点、ツールに限らないが夏のレースを走っている選手ってすごい!(プロ・アマ問わず)
とてもじゃないけど30℃を越えるような環境でスピードを上げようという気力が出ないよ。


1年中今日くらいの陽気だとコース選択に悩まなくてすむのでいいのになぁ。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-吉田のうどん, 自転車乗りの日々