断捨離の日々

自分の部屋(PC)を断捨離

2016/05/12

LINEで送る
Pocket

昨年末から断捨離を始めました。

まず手始めに自分の部屋にあるPCを断捨離しました。
今振り返ると恐ろしいことに、私の部屋にはデスクトップPC9台、ノートPC5台、19インチのCRTモニター2台がありました。
デスクトップPCにはそれぞれ異なったPC-UNIXが入っていたため、それぞれに遊べるものではありました。
ノートPCは歴代のWindowsがWindows98 から入っていました。
CRTモニターはPC-UNIXをマルチモニタで遊ぶのに使っていました。(切替機を付けてそれぞれのデスクトップにつながっていました。)

しかし、母の世話をするようになってからというものほとんどのものを使っていません。
そこで、使っていないデスクトップ6台と、ノートPCとCRTモニタを処分することにしました。
(残ったデスクトップ3台は常時稼働のサーバとそのバックアップ機、それとメインで使っているPCです。)

ところが、今は家電リサイクル法のおかげで処分するのに結構な費用が掛かってしまうのですね(T^T)クゥー
何とか安く処分する方法を調べてみると、パソコン回収.comという会社でPCを無料で引き取ってもらえることがわかりました。しかも着払いの宅配便で送ることで完全に無料で処分できるのです。
会社のホームページや口コミを調べるとセキュリティの問題もクリアされているようなので、PCのデータを1台ずつ消去する手間も省けそうです。
CRTモニタに関してもノートPCを同梱すれば引き取ってもらえるとのことです。

しかしここで問題が発生。
19インチのCRTというとあまりに大きくそれを入れるためのダンボール箱が手に入らなかったのです。ホームセンターで扱っている最大サイズのものでも入りません。
仕方ないので近所のスーパーを何件かはしごしたのですが、やはりそんなに大きいものはありませんでした。そこで捜索範囲を広げて大きなドラッグストアを5,6軒回ったところ、やっと2つ確保することができました。
それぞれにノートPCを同梱して宅急便の集配所に持ち込んだのですが、(予想はしていたのですが)普通のクロネコ宅急便では送れず、ヤマト便扱いになってしまい、送料が発払いになってしまいました。
とはいっても2個口で2千円弱で送れたので、普通に処分するのに比べればはるかに安く済みました。

これでCRTモニターの乗っていた事務机も処分できます。というか、先月の粗大ごみの収集日に処分してきました。

いやぁ、自分の部屋がこんなに広いとは知らなかったなぁ。

今残っているのはデスクトップPC3台と液晶モニタ3台、複合プリンタ1台です。

バックアップ機はHDDは小さいけど、CPUはCore2Quad 2.66GHz、メモリー8GBとまだまだ現役で使えます。
(ただし消費電力が大きいので24時間運用には向かない(T^T)クゥー)
バックアップ機もいっそのこと処分しようかな。そうすれば液晶モニタ(17インチ)も1台処分できる。
うんそうだ、処分してしまおう。
その代わりにサーバに外付けHDDを付けて、定期的にバックアップすればいいや。

よし。次に母の世話を姉にお願いできる日に、パソコン回収.comに送ることにしよう。

もしもほしいという奇特な方がいれば(処分前にコメントいただけたら)着払いで差し上げます。
DSC_0651ためしにハードオフに持って行ったところ、PC本体1000円、モニタ300円、キーボード300円、外付けDVDドライブ100円、その他周辺機器が330円の計2030円で買い取ってもらえました。

LINEで送る
Pocket

ランキングリンク

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

-断捨離の日々